Ruby 配列から重複した要素を取り除く

配列から重複した要素を取り除く

Array#uniqメソッドにより重複した要素を配列から取り除くことができます。Array#uniqメソッドには破壊的メソッドArray#uniq!が用意されています。


a = [30,20,50,30,10,10,40,50]

p a.uniq #=> [30, 20, 50, 10, 40]

a = ["/tmp","/home/","/etc","/tmp"]

a.uniq! #=> ["/tmp", "/home", "/etc"]

引用元: 逆引きRuby – 配列.

bundle install path

色々なRailsアプリでほいほいbundle installを実行するとシステムにインストールされるgemが結構カオスになってきます。

bundlerにオプションを渡してgemを任意のディレクトリにインストールし、gemをRailsプロジェクト毎に管理する

bundle install --path vendor/bundler

なお、インストールするディレクトリを変えた場合、そのディレクトリにはパスが通っていないので

bundle execを通してRailsを実行する必要があります。

bundle exec rails s

とか、railsコマンドは前にbundle execが必要

引用元: bundle installするときはpathを指定しよう | FIRN.JP.

modelで定義するメソッド

modelで定義するメソッドは基本、インスタンスメソッドを定義し

特定のインスタンスを指定すると、使用できるようにする。

特定のインスタンスを必要としないメソッドが必要なときは、クラスメソッド(self.~)を定義する。